なぜ不眠症になるのか?

不眠の原因は何か?

度々耳にする「不眠症」ですが、「入眠障害」「中途覚醒」「早朝覚醒」の3種類に分類されています。3種類に跨って症状が出る場合もあります。

 

ごく稀に脳の障害が不眠症の原因となる場合もありますが、大半が精神障害や神経障害などによるものです。うつ病などの精神障害と自律神経失調症などの神経障害の不眠症の大きな違いは「予期不安」があるかどうかという点のようです。

 

交感神経が興奮して睡眠障害を起こすのですが、精神障害では、悩みや不安などで興奮してしまうのに対し、神経障害の場合「また眠れないのでは」という、眠ろうとしても眠れないことへの不安が不眠症の原因となるのです。近年は、うつ病との関連も指摘されています。

 

ただ、どちらもストレスや慢性的な疲労などが引き金となっていることが多く、睡眠不足は更にストレスや疲労を溜め込む悪循環となるのです。不眠症の原因には、精神、または身体に何らかの病気・異常があり、異常を放置した結果、体が悲鳴を上げ、不眠症という形で現れているのです。


FXのレバレッジ