メラトニンと不眠症

メラトニンとは何か?

あなたは、メラトニンという単語を聞いたことがありますか?知らない人のためにメラトニンについて解説しましょう。メラトニンは、睡眠と深い関わりのあるホルモンのひとつで、夜になると血中濃度が高くなります。特に暗くなると分泌されるようです。寝る前の数時間は、少し部屋の明かりを暗くするなどの対策をすると入眠がスムーズになります。メラトニンはサプリメントとして、アメリカなどの国では販売されています。ドリエルなどの薬に頼るよりは、メラトニンのほうがいいでしょう。近年は、うつ病と不眠に関しての研究もなされています。うつ病の人は、不眠症になることも多いようです。ソラナックスやデプロメールといった薬を処方されて飲んでいる人もいることでしょう。薬では不眠症や鬱病は治らないので、そのことを覚えておきましょう。


FXのレバレッジ